Author Archives: w1



加能ガニはズワイガニのオスで大きい。
香箱ガニはメスで小ぶり。
ただし、味は香箱ガニの方が濃厚で、カニ味噌もおいしいとされる。
オスメスを合わせ、夫婦(めおと)セットとして販売するところがある。

加能蟹、香箱蟹は石川県金沢港に水揚げしたズワイガニの名称。
毎年11月から12月が漁期



加能ガニ・香箱ガニ

garmin-removebg-preview

Garmin with SUICA

多機能時計で有名なガーミン社が、日本向けに出したと思われるSUICA機能付き携帯時計。

image

ガーミン suica対応腕時計

image

ダレスバッグ

アタッシュケースのように大きく開かず上部のみが開く。
つまり、立てたまま出し入れできる。
このため本や書類ファイルの収納、持ち運びに最適。

革製で大きなものは医者が使うイメージがあります。
樹脂製は、軽く事務作業にも最適

image

プラスティック製 ダレスケース

image

QlockTwo

文字板をよく見ると、IT IS HALF PAST SEVEN という情報が得られます。
これが時刻をあらわしているということですね。
洒落ています。

image

もともとは、置物として制作されていたのかもしれません。

ドイツ生まれのようですが、日本の漆デザインを用いた製品もあるようです。
image

google画像検索”QLOCKTWO”より。

英語文字で時を表す時計

image

K400 PLUS キーボード

 

大型テレビをパソコンのモニターとし、居間などの広い場所で使うことを想定

購入して使った感想

・キーボードと、パッドマウスが合体している。

・手ごろなな大きさ。コンパクトにまとまっている。

・ファンクションキーを裏使用とし、独自アイコンでパソコンの機能を割り付けている。
(FNキーを押している時が、通常のファンクションキー動作となる。)

・電源スイッチがある。 使わないときが長いことを想定。

・左上に、マウスの左クリックスイッチが単独で付く。

メーカー説明書:

Wireless Touch Keyboard K400 Plus取扱説明書

 

専用ソフトウエア(Options_8.20.329.exe)をダウンロードした。
これをインストールして、開くと。(ユーザー登録必要)

image

ファンクションキーを標準として使える設定が出てきた。

 

トラックパッドの設定もできる。
image

スクロール方向を逆にしてみた。
指2本で拡大・縮小動作ができるところも良い。

テレビパソコン用キーボード

image
パルスオキシメーター
amazon

 

血中酸素濃度 測定器 脈拍計 心拍計

気づかない程度の肺の機能低下を数値で読むことができる。
健康時の数値を知っておくと、自己判断がつきやすい。

指の先を挟み込むだけで、10秒程度で結果が出る。
LEDからの光を当て、血中ヘモグロビンの色を見て判定する。

体温計、血圧計、体重計などの家庭用検診機械の一つとして定着するかもしれない。

パルスオキシメーター

image

image

 

ろうそくLEDは、内部に発光ゆらぎ回路が封入されている。

ろうそくLED

image
EC-5 コネクタ ヤフーショップより

EC-5は、バッテリーの大電流を扱える差し込み式コネクタの規格。
ラジコン模型や商業用ドローンでも使われ、標準的に使われる。

導体(AWG10など)との接続では、半田付けが必要。
また、ピンをケース(青い筐体)にはめ込む際に、叩(たたく)くなど、押し込み強度が必要。

コネクタの寸法図を記載したサイトがあったので、以下に引用する。
ここでは、雄ピンにかご型スプリングが使われている。
縦割りバネタイプもある。


EC5-Mの寸法図  MはMale(雄)の意味と思われる。

 

EC5-Fの寸法図  FはFemale(雌)の意味と思われる。高さがMタイプより若干低い。

図面は、https://www.eevblog.com/forum/projects/specs-for-ec5-high-current-connectors/より引用

 

image

雄ピンが縦割りタイプのEC-5コネクタ

image

縦割りスプリング式雄ピン(写真左)
6分割されていて、最低でも6カ所が雌ピン(写真右)の内側に当たるので、接触抵抗は分散される。

 

image

コネクタには、EC-5の表示があるが、反対側は、DEV(出力側機器デバイス)、BATT(バッテリー)の表示がある。
安価なコネクタでは、無表示のものがあったが、特に問題なく使えた。

DEV側は、雄ピンを使い、BATT側に雌ピンを使う。
接続する際には、DEV側の筐体(青いカバー)が、雌(メス)側の筐体を覆うように挿入される。

image

右側のF(雌・メス)の筐体が雄(左)側に入ってゆく状態
上段(ノギス内)のように、奥までしっかりと挿入する必要がある。
コネクタにロック(はめ込み機構)は無い。
したがって、写真中段の状態でも導通がある。

ドローンでは、12から16セルのバッテリを使う場合がある。
この際には、60V程度数10Aが流れることになる。
したがって、完全な接続は必須。
挿入が甘い(中途半端)場合には、コネクタピンが発熱する。

 

電線例
image
シリコン被覆12AWG AWG10

細い線を束にしているので、柔軟性がある。
シリコン被覆は200度C程度に耐える。

American gage、(mm2)SQ、直径mm

AWG10  (5.26) 2.59

AWG12  (3.31) 2.05

電線の太さ一覧

EC-5コネクタ

image

四つ葉のクローバー amazon

 

四つ葉のクローバー栽培セットには、人口土、種等がセットされている。
説明書によると、最初は三つ葉で、成長するにつれ四つ葉が出てくるという。

全くでないことも想定しているようだ。
当たりくじの楽しみも得られるかもしれない。

植物であるが、封印されているので、書籍などでも扱い可能だ。

四つ葉のクローバー栽培セット

image

ヒンジ LAMP社製

image

木箱の蓋部が適度に止まるので使いやすい。

image

LAMPというロゴがあったので今後使わせていただきたい。
精度も仕上がりもすばらしい。

 

image
登録698125 platpatより。

そういえばこのマークはあちこちで見た記憶があります。
スガツネ工業㈱の登録商標
https://www.sugatsune.co.jp/

樹脂製ヒンジ