Author Archives: w1

image
EC-5 コネクタ ヤフーショップより

EC-5は、バッテリーの大電流を扱える差し込み式コネクタの規格。
ラジコン模型や商業用ドローンでも使われ、標準的に使われる。

導体(AWG10など)との接続では、半田付けが必要。
また、ピンをケース(青い筐体)にはめ込む際に、叩(たたく)くなど、押し込み強度が必要。

コネクタの寸法図を記載したサイトがあったので、以下に引用する。
ここでは、雄ピンにかご型スプリングが使われている。
縦割りバネタイプもある。


EC5-Mの寸法図  MはMale(雄)の意味と思われる。

 

EC5-Fの寸法図  FはFemale(雌)の意味と思われる。高さがMタイプより若干低い。

図面は、https://www.eevblog.com/forum/projects/specs-for-ec5-high-current-connectors/より引用

 

image

雄ピンが縦割りタイプのEC-5コネクタ

image

縦割りスプリング式雄ピン(写真左)
6分割されていて、最低でも6カ所が雌ピン(写真右)の内側に当たるので、接触抵抗は分散される。

 

image

コネクタには、EC-5の表示があるが、反対側は、DEV(出力側機器デバイス)、BATT(バッテリー)の表示がある。
安価なコネクタでは、無表示のものがあったが、特に問題なく使えた。

DEV側は、雄ピンを使い、BATT側に雌ピンを使う。
接続する際には、DEV側の筐体(青いカバー)が、雌(メス)側の筐体を覆うように挿入される。

image

右側のF(雌・メス)の筐体が雄(左)側に入ってゆく状態
上段(ノギス内)のように、奥までしっかりと挿入する必要がある。
コネクタにロック(はめ込み機構)は無い。
したがって、写真中段の状態でも導通がある。

ドローンでは、12から16セルのバッテリを使う場合がある。
この際には、60V程度数10Aが流れることになる。
したがって、完全な接続は必須。
挿入が甘い(中途半端)場合には、コネクタピンが発熱する。

 

電線例
image
シリコン被覆12AWG AWG10

細い線を束にしているので、柔軟性がある。
シリコン被覆は200度C程度に耐える。

American gage、(mm2)SQ、直径mm

AWG10  (5.26) 2.59

AWG12  (3.31) 2.05

電線の太さ一覧

EC-5コネクタ

image

四つ葉のクローバー amazon

 

四つ葉のクローバー栽培セットには、人口土、種等がセットされている。
説明書によると、最初は三つ葉で、成長するにつれ四つ葉が出てくるという。

全くでないことも想定しているようだ。
当たりくじの楽しみも得られるかもしれない。

植物であるが、封印されているので、書籍などでも扱い可能だ。

四つ葉のクローバー栽培セット

image

ヒンジ LAMP社製

image

木箱の蓋部が適度に止まるので使いやすい。

image

LAMPというロゴがあったので今後使わせていただきたい。
精度も仕上がりもすばらしい。

 

image
登録698125 platpatより。

そういえばこのマークはあちこちで見た記憶があります。
スガツネ工業㈱の登録商標
https://www.sugatsune.co.jp/

樹脂製ヒンジ

image

テスター 安価品(500円程度)

電気製品の修理に欠かせない基本ツール。
テスター(回路計)があれば、電圧、電流、抵抗などを測ることができます。

デジタルになって中国製が台頭し、あまりの安価に驚かされます。

 

image

普及価格帯のテスター

500円のテスターと、5000円程度のテスターとの違いは、測定レンジ(範囲)と、サンプルレート(反応速度)が主なもの。
バッテリー検査や、電熱器の修理程度には安価なものでも遜色なく使用可能。

テスター

image

ピックローラユニット

ピックローラーは、富士通のSCANSNAP(スキャンスナップ)で、原稿自動取り込み機で使われている紙送り用部品。
微妙な弾力性と粘着性とによって、取り込み用紙に適度な摩擦を発生させる。
人が、指をなめて本をめくるイメージを機械に行わせる工夫がある。

複数の用紙を一枚一枚分けて取り込まなければならないので、処理枚数が増えると消耗する。
また、使わなくても経年劣化するので、数年で交換する必要がある。

ピックローラユニット fujitsu

image

How A Wiring Harness Splice is Ultrasonically Welded youtube映像より。

電線同士を超音波で溶着する接続法。

溶かした金属による接続という意味では半田付けと同様であるが、銅そのものが溶けて一体化する。
このため高熱、振動、引張り、導電性すべてに優れると思われる。
単線と撚線(よりせん)とでは作業性が異なるが、ビデオでは、四方から圧して過熱している。
自動車メーカーの今後は、電気自動車への移行となると思われるので、超音波溶着は大電流を要する電線接続の主流になるだろう。

現状の電線接続:

電線と電線とを接続する方法(手段)には、いろいろある。
それぞれに利点・欠点があり、目的に応じて選択する。

1.はんだ付け(応用範囲が広い。習熟が必要であり、失敗が多い。最適状態でも機械的強度が低い。)
2.スプライス(規格・器具・部品が適切であれば、誰がやっても一定品質を保てる。)
3.コネクタ(ピン・ソケット)(着脱が可能。異物混入やバネ力低下で接触不良になりやすい。)
4.コネクタ(電線咬み込み)(電話線、LANケーブルなど、特殊用途。 信号線向け。作業性、信頼性が高い。)
5.差し込み式ジョイント。(家屋内100V電力配線など、一定規格での使用。 失敗が少なく、信頼性も高い。)
6.ターミナル端子による接続(信頼性、整備性が高い。)

など。

超音波電線接続の一般市販品は見つからない。
超音波カッターは提供されているが、低出力のため樹脂を溶かす程度に止まる。
image

ULTRASONIC CUTTER

電線の接続:超音波溶接

Instant Hotspot機能:

同じApple IDで紐付けされているiPhoneであればInstant Hotspot機能によりiPhoneを操作しなくてもiPad(Wi-Fiモデル)やMacBookのWi-Fiメニューから簡単にテザリング接続することができます。https://www.sin-space.com/entry/ipadwifi-vs-ipadcellular

 

テザーリング  Tethering 通信端末をネットにつなぐモデム(ルーター)代わりにすること。

iphone5s <>pc

テザリングの方法として、3つある。
USB接続、blue tooth接続、wi-fi接続。 blue toothでは接続速度が遅くなる。

USBテザリングでは、PCにituneを入れる。https://www.infraeye.com/study2/smartphone10.html

iphone wi-fiテザリングでは、iphoneの画面が切れると、PC(子機)側をスリープ復帰させた際、再度接続設定が必要になる。

逆にバッテリーを消耗してしまうことになるが、もう1つの方法として、ディスプレーを消灯させないという手もある。この場合、iPhoneはインターネット共有の画面を表示しっぱなしにしておく必要がある。ホーム画面に戻ったりすると、画面消灯時と同様、90秒程度でSSIDが非公開になり、Wi-Fiテザリングで接続できなくなる。https://toyokeizai.net/articles/-/215443?page=2

BlueTooth接続では、遅い代わり設定が切れない、電池の消耗が低いというメリットがある。

通信速度はWi-Fi接続にやや劣ること、Androidを親機にしてiPhoneを繋ぐことはできないことなど、一部の弱点があることは前述したとおり。https://smhn.info/201402-smartphone-ios-android-bluetooth-tethering

 

OCNモバイル(ドコモ系格安携帯)で、折り畳み式携帯で、かつテザリングできる機種は?
https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one/common/datacard.html で検索
・SH-01J シャープ ・P-01J panasonic がdocomo系で良さそう。

ガラ携型は、もともと電池の持ちが良いので信頼できる。 スマホ型は使いずらい。
CM10アンドロイドカメラを持ち歩くので、ネットはこちらをWI-FI運用

携帯機器スタディー: docomo、ガラ携、iphoneでのテザリング

image

 

SIMアダプター

 

SIM(シム、Subscriber Identity Module)は、薄く小さなカード体で、内部にICチップが封入されている。
スマホなど、移動通信の契約情報(電話番号)などが記録されている。
表面の金色は、金メッキされた電極。

時代の変遷により、大きさが3種類流通している。
現在(2019年)は、電極部分のみの最小単位になっているので、これ以上の小型化は無いと考えられる。

携帯機器の購入の際には、SIMの大きさを選ぶ必要がある。
アダプタを使えば、小さいSIMを大きいSIMとして使うことができるが、大きいSIMを小さくするには余白部を切る必要がある。

image

三種のSIM:OCNモバイルoneのサイトより。

しかしSIMは、契約会社の所有であり、2000円~3000円の手数料を払って交換する必要がある。

交換の際には日数がかかり、この間の携帯機器の使用ができないという不便がある。
このため、使用者により勝手にSIMカットが行われている現状がある。

この不合理性の解消策として、当初より3サイズに対応できるマルチカットSIMが提供されるようになった。

image

マルチカットSIMは、機器に必要な大きさが違っても、使用者が簡単に大きさを変えられる。


Docomo携帯(ガラ携)の標準SIMサイズを、iphone5sに入れて使えないかを検討。
カットすることもできる(自己責任)が、どうやら無理がありそう。 (チップを破損させ使えなくなることがある。)

切断によってチップが使えなくなるのは、内臓チップが大きいことがあるため。
標準サイズSIMから、microSIMサイズへの切断は問題なさそうであるが、iphone5sは、nanoサイズで最小なので、チップを一緒に切ってしまうことがある。

参考サイト:https://kaketayo.net/cut-docomo-micro-sim-to-nano/

https://sites.google.com/site/iphone4s4docomo/iphone5wodocomo-hui-xiande-shiu/1-nanosim-jia-gong-bian

シム(SIM)のサイズ